転売とせどりは何が違うのか?

 

こんにちは、NGSです。

本日は、「転売」を行おうとした時
誰もが一度は疑問に思ったことがあるであろう

転売とせどりは何が違うのか?

ということについて記事にしてみたいと思います。

 

1.仕組みは同じ

転売もせどりも

「安く仕入れて高く売る」

これは基本です。

もちろん、転売・せどりに限らず
どんなビジネスであっても
安く仕入れて高く売るからこそ利益が取れるわけですので
この仕組みは絶対のものです。

スーパー、コンビニ、服屋、酒屋、どこでもそうですよね。

基本的な仕組みは同じです。

 

2.転売とせどりとは?

基本的な仕組みが同じだということを
知って頂けたと思いますので
転売とせどりについて説明をしていきます。

 

2-1.転売とは?

まず、転売というのは意味を調べると
一方から買った物を、更に他に売り渡すこと

そして、Wikipediaで転売屋と調べると
転売行為を行う者の意

と出てきます。

さらに、Wikipediaには

主に数量が限定されるなどの入手困難な商品を
転売目的で大量に購入し、インターネットオークション等で
高値で販売することを生業・趣味とした人々を指す。

とありました。

 

入手困難な商品を大量に仕入れて
一般の消費者にとって更に手に入りにくい状態を
作り出し、高値で販売していくということです。

 

2-2.せどりとは?

せどりをWikipediaで調べると

せどり(競取り、糶取り)とは、
同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること
また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、
一般的には古本用語を元にした
掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

このようにあります。

これだけを見ると、同業者の中間という部分が気になりますが
最近は、同業者の取り次ぎという意味で
使われていない場合の方が多い気がしますし
転売と大きな意味の違いはないように思えます

 

3.転売もせどりも同じこと

意味を細かく見ていくと
多少の違いはあれど、大きな違いは見当たりません。

やはり、どちらも
需要のある希少な商品、珍しい商品、
利益が出る商品(販売価格より安い商品)を仕入れて
販売するビジネスのことです。

 

ですから、「転売」「せどり」というワードが出てきても
基本的には、売れる商品を安く仕入れて高く販売して
利益を出すビジネスだと思って頂ければ良いと思います。

 

ということで、今回はこのへんで失礼します。

ありがとうございました。

One Response to “転売とせどりは何が違うのか?”

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール


はじめまして、NGSです。

このサイトでは
インターネットビジネス
についての話
アフィリエイトで稼ぐ方法
などを教えています。

サイト、メルマガで有益な
情報を発信していますので
ぜひ、ご活用ください。

______________


なお、情報商材に関しての悩み
疑問、困ったことなど
ありましたら
いつでもご連絡下さい。


 

また、インターネットビジネス
について、分からないことが
ありましたら遠慮せずに
ご連絡下さい。



お問い合わせ




どんな些細なことでもOKです!

お気軽にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ