3大検索エンジン google yahoo bing

3大検索エンジンとは

検索エンジンの主要なものは

実は3つ(正確に言うと4つ)しかありません。

これは、世界的に見ても同様です。

 

その3つというのは

Google(グーグル)、Yahoo(ヤフー)

Microsoft(=Bing(ビング))です。

 

そのほか、Goo、Niftyなんかから検索できるのは

どうなんだと思われるかもしれませんが

検索できるのは、それらがGoogle、Yahoo、Microsoftの

検索エンジンを使っているからです。

 

この3大検索エンジン側が提供し

それを借りているということです。

 

あと、Yahooは日本ではなくアメリカのYahooが

提供を行っています。

 

主要な検索エンジンは正確に言うと4つとは?

最初に、主要な検索エンジンは正確にいうと4つだと

話していましたが、それについて説明します。

 

日本では、Google、Yahoo、Bingが利用されていますが

中国では、70%を超える圧倒的なシェアを誇る検索エンジンの、

百度 Baidu(バイドゥ)があります。

 

日本ではあまり使われていませんが、ごく稀に

マニアックな人がマニアックなメディアコンテンツを

探すときに使うらしいです。

 

日本ではこの程度ですが、百度 Baidu(バイドゥ)

全世界の検索エンジン市場においては、

Googleに続き第二位につけています

 

さすが、中国で70%のシェアというのは

本当にたくさんの人が利用しているということですから

当然の結果ですよね。

 

まとめ

今回は、3大検索エンジンと

日本ではあまり知られていない

中国の検索エンジンについて記事にしました。

 

次に、検索エンジンのロボット型とディレクトリ型について

記事にしていますので、よかったら、見てください。

検索エンジンのロボット型とディレクトリ型

 

それでは、今日はこのへんで失礼します。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール


はじめまして、NGSです。

このサイトでは
インターネットビジネス
についての話
アフィリエイトで稼ぐ方法
などを教えています。

サイト、メルマガで有益な
情報を発信していますので
ぜひ、ご活用ください。

______________


なお、情報商材に関しての悩み
疑問、困ったことなど
ありましたら
いつでもご連絡下さい。


 

また、インターネットビジネス
について、分からないことが
ありましたら遠慮せずに
ご連絡下さい。



お問い合わせ




どんな些細なことでもOKです!

お気軽にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ